image1
image2
image3
慶應唯一のサバゲーサークル

サバイバルゲーム・リエナクトメント同好会

団体情報
サークル名 サバイバルゲーム・リエナクトメント同好会
代表者 白土
活動内容 サバイバルゲーム
団体属性 文化系
団体種別① 非公認団体
団体種別② インカレ
団体規模 50人未満
活動頻度 週1回未満
男女比 男子多め
雰囲気 まったり系
年会費 5000円未満
入部資格 誰でもOK
入部可能学年 誰でも可(4年でも留年生でも大歓迎)
入部可能期間 いつでも可
メッセージ

サバイバルゲームリエナクトメント同好会です。2014年に創設された歴史が浅く新しいサークルです。
サバイバルゲームって何?と言う方はここで説明するよりぐぐった方が早いのでぐぐってください。
普段のきつい練習がいらず、また他のスポーツに比べて安い値段で気軽に楽しめるスポーツです。また隠れる、やり過ごす、協力する、先行するなどのさまざまな戦略があるため、男女に有利不利がなく運動が苦手な方でも楽しめると思います。

運動系というと全員同じユニフォームを着るイメージがありますが、サバゲーにはありません。好きな服を着て好きなエアガンを持って思いっきり駆け回りましょう。この好きな服というのは比喩ではなく、過去にはIKEAの着るクリスマスツリーとか、中国で売ってたドラ○もんのニセモノ着ぐるみを着てサバゲーをしている人もいました。プレースタイルも様々で非常に自由度の高いスポーツだと思います。

当サークルの特徴としては歴史が浅いためめんどくさいOBがおらず、面倒な規則もなく、意見が通りやすいので好きな事がやりやすいという点があります。例えば今年はキャンプや山手線一周、牛久大仏を見に行くなどをやったのですが、それもすべて1、2年生の発案でした。
しかし1、2年だけでなく3,4年ものびのびと活動できます。浪人、留年、帰国子女なんでもいるおかげで会長も全員の年齢を把握しておらず3,4年から入会しても浮くことはありません。例えば去年は5人の4年生が入会しました。

活動は月に1,2回程度、屋内や屋外でサバゲーをします。場所は桜木町、秋葉原、千葉酒々井など様々です。
ほかにもGW、9月に軽井沢旅行、11月に三田祭出展をしています。
今年はそれ以外に太平洋の島でのサバゲ、北海道でのサバゲ、雪中サバゲ、かくれんぼ、塾生運動会への参加なども検討しております。

部費は年度末に2000円徴収します。初期投資はゴーグル500円、銃10000~程度ですが、入部後半年まではレンタルもあります。

サバゲの魅力はわかった、でも野暮ったそう・・・僕/私大規模なイケイケサーにも入ってるから他の人に入ってることバレたくない・・・!そんな人もご安心ください。当サークルは外に出す写真にはすべてモザイクをかけ個人名も出しません。例えば「塾生情報局」という塾生向けサイトで今年新歓情報を載せたサークルは45あったのですが、顔にモザイクをかけているのは当サークルを含めわずか5団体でした。これはすなわちサバゲ部が慶応のTOP5にいるとみてよいと思います。

長くなりましたが、ここまで読んでくれたいい人はサバゲ部に向いていると思います。読み飛ばして最後だけ読んでいるあなたもサバゲ部に向いてると思います。決して華やかなサークルではありませんが、珍しくのんびりした風通しのいいサークルです。一緒に青空の下を好きなだけ駆け回って汗を流したり、冷房の効いた部屋で弁当食べたりしましょう!